マイカーを所有する人しない人

最近は、マイカーを所有する若い世代の男性の姿が少なくなったなどとも言われていますが、その背景には、レンタカーの充実度や、カーシェアリングの出現などが隠れているようです。実際には、リサーチなどによると、レンタカーやカーシェアリングの充実度の他にも、経済的な圧迫を、抱えたくないなどといった面から、マイカーの所有は避けられているというようなデータも報告されているようです。実際に、若い多くの世代の人々が、魅力と感じているレンタカーや、カーシェアリングなどは、現実的に車を利用する人々に、果たしてそのニーズに応えられているのでしょうか。 カーシェアリング自体は、都市部などでその多くが見られていますが、実際に、田舎や地方などに行くと、マイカーを所有している人々が、圧倒的に多いようです。コストなどの面から言いますと、やはりマイカーを所有するよりは、比較的コスト削減につながっているようですけれども、実際には個人的な形での車の利用率などにもよりますので、すべての人々にとって、コストの削減に繋がるかと言いますと万能とは言えないでしょう 。実生活の中で、カーシェアリングなどを使ってみると、様々なルールやエリアの設定から、マイカーの自由度をしている人からすると、ストレスを感じてしまうこともあるようです。また、多くの人と一つの車をシェアすることから、潔癖症などの人には向かないなどとも考えられているようです。場合によっては、子供たちが乗り込むことによって、車内の汚れなどが目立つことなども考えられますよね 。