マニュアルとオートマの違い

マニュアル車とオートマ車の違いとしてあげられるのは、オートマ車の場合は、クリープ現象と呼ばれる現象があり、アクセルを離し、ブレーキを離した状態だと、アクセルを踏まなくても動いてしまう現象のことで、これを応用してバックをする際などに有効に活用することもできるわけで、低速の状態で移動したい場合には、有効活用できるのではないかと考えられなくもありません。自動的なギアのシフトダウンなどは、非常に便利だとも言えるわけですが、一方で、注意しなければならない点もあるということを覚えておかなければいけないという風に、言えるのではないでしょうか。他にも、オートマ車の場合にはキックダウンと呼ばれる現象があり、アクセルを急に踏み込むことで急加速ができるわけです。エンジンをつけたばかりの時や、エアコンで、クーラーを使っている時などは、急発進してしまう恐れが高い、という風にも言われている理由で、必ずブレーキを踏んだ状態で、行かなければ行かないという風に言えるわけです。最近では、免許を取るための危険な場面について実際の自動車を用いるのではなく、シュミレーターを用いてそれを疑似体験することで、その恐ろしさや対策について、学ぶことが容易になってきたことは、運転免許を取得する上で、プラスに働いているというふうに、言えるかもしれません。例えば、雪国の状況や雨で濡れている時の路面状況などを完璧に再現することでどのようにして事故が生じるのか、それを未然に防ぐためにはどのようにしたらよいのかということを考えながら学ぶことができる点は、大きなメリットであるというふうに言えるのではないかと考えられるわけです。