技能試験対策

教習所や合宿免許で行われる技能試験の対策のコツは色々考えられますが、誰もが留意すべきは、当日緊張しないことです。試験を受ける人はほとんどが初心者なのですから、失敗しても恥じる必要はありません。初めから落ちて当然だと意識することで、緊張を和らげるようにしましょう。真面目な性格の人は失敗するとパニックに陥りますが、慌てても問題は解決しません。周囲の人に対しても、過度な気遣いは無用です。試験官が付き合うのも仕事ですし、自分の失敗が他の受講生に特段の迷惑を掛けるわけでもありません。失敗した時は試験官にアドバイスしてもらった上で、再試験に臨めばよいだけです。

実技で生じ得る失敗は様々ですが、躓きやすいポイントは決まっています。縁石に乗り上げる人も多いですし、方向転換や切り返しが上手くいかないのは、よく見かける光景です。また、一時停止や後方確認の怠りは、スキルのある人にも起こり得ます。これら以外にも、よく見られる失敗については指導員が教えてくれるはずです。指導員は長年の経験から、初心者が難しいと感じるポイントを知悉しています。指導員のアドバイスを聞き入れて、技能試験本番までに練習を重ねておきましょう。技能試験には仮免許のそれと卒業試験とがあります。満点でなくても合格しますから、失敗するたびに慌てる必要はありません。後方確認や左右の安全確認、巻き込みの防止等は忘れないように運転しなければなりませんが、細かな点を失念しても、諦めずに受験を続けることが大切です。卒業試験は路上に出ることになりますが、先ずは他人の命を奪わないように気を付けた運転が求められます。試験官や他の受講生の命も預かってハンドルを握ることになるため、前日は十分な休息を取りましょう。