学科教習と運転演習

 

座学と呼ばれる学科教習を受けている時に、重要なポイントをまとめて、メモしておくことができるのは、もちろんのこと、運転練習を受けている時に重要だと思ったところを、車を安全なところに止めた際に、簡単にメモをしておくことができるなど、様々で運転免許というものが、どのような点に注意して成り立っているのかということを理解する、という意味でも、とても、有意義なものとなるのは間違いありません。

このように解説すると、やや大げさに聞こえるかもしれませんが、皆さんが、これまで受けてきた義務教育における授業態度と、何ら変わらないともいえるでしょう。

基本的には、中学や、高校や、大学の授業とスタイルは全く変わらないわけです。授業の中でわからないことがあれば、どんどん質問し、積極的に疑問点を消していくということと、知識を身に付けることはつながっているわけですから、卒業検定を受けるまでに、疑問点がひとつもないという状況を目指すことが、重要だと言えるでしょう。

 

ある、インターネットサイトの調査では、合宿免許における免許の取得率は、9割近くに達しているという報告もあるようで、その点に関して言えば、指導教官の言うことを、しっかりと守って、合宿免許に臨めば、ほとんどの人が、免許を取れるということは、確率の面からも保証されているということは、言えるのかもしれません。

 

また、時間の期限があるために、体に力を入れて、演習などに望んでしまう人は、多いかもしれませんが、運転はとにかくリラックスして様々な方向へ注意を向けるという意識が重要ですから、これを実践するためにも、なるべく緊張しすぎないようにして、頑張ることが必要だと言えるでしょう。