合宿免許センターの努力

 

インターネットでは「社用車を運転しようとしたら、マニュアル車だったので、運転ができなかった」「オートマしか必要ないのに、うっかり世間体を気にして、マニュアルで撮って大変な苦労してしまった。もう通いたくない。」「オートマの免許だけでは、自分が志望している会社の 採用条件を満たすことができなかった」といった、悲喜こもごも、様々な声が聞かれているようで、自分自身が免許を取る際に、インターネットの掲示板などを参考にして、生の声を聞いてみるのもいいかもしれませんね。

このような失敗談は、インターネット以外では、なかなか聞くことができないのが現状ですから、積極的に調べてみるなどして、目に触れるようにしましょう。

 

技術的な課題は、昔から変わっていませんが、合宿免許センター側の課題は、センター自身の努力によって、だいぶ解決されてきています。

最近では、運転免許を取得しようと、地方の合宿免許センターに行ってくれる人を増やすために、「夕食時のフルーツバイキングが無料」「温泉に何度入っても無料」といった、サービス券などを配布するなどして、積極的に人を呼んでいる点は、努力の跡が見られますが、基本的には、運転免許を取得するというのが、大きな目標なわけですから、決して、このようなサービスを中心として決めるのではなく、運転免許に関する、技術を教えるのが上手な所へ行く、ということを基準として、選択するようにしましょう。

 

この他には、運転免許センターがどのような場所に立っているのか、という立地条件も、しっかりと考えておく必要があると言えるでしょう。

立地条件はどうしてもゆずれないという人は少ないかも知れませんが、よく考えるべき問題です。