合宿免許と期間

 

万が一にもあなたが卒業検定に落ちてしまったとしても、数日でその遅れを取り戻すことはできますから、あまり焦る必要はないと言えるかもしれません。合宿免許

特に、合宿免許における学科教習などは時間がないこともあって要点を絞った説明を受けられるため、指導教官が重要だといったところは必ずメモをするなどして一度で覚えてしまうようにしておくといいかもしれません。

 

口コミサイトなどでも、よく聞かれることが多いケースとしては、合宿免許が延長してしまう場合のデメリットという問題でよく知られているわけですが、基本的には免許合宿が延長されてしまうと、追加料金を後から請求されることになるようで、学生にとってはそのような料金が痛手となってしまうというケースもよく聞きますし、注意しておくことが必要だと言えるかもしれません。

このような学生の声が後押ししたのか、近年、合宿免許センターでは追加の費用を請求しないように保険をかけてくれるところもあるようです。

ただしこのような制度は「学生だけです」などという風に注意書きがされている場合もあるので、事前に確認しておくといいかもしれません。

 

ですが1番いいのは卒業検定に落ちないことです。

そんな事態を招かないために、招いたとしても万が一の場合としておくためには、とにかく 指導教官の言うことに従って、常に疑問点を持たないように一つ一つ課題を潰していく必要がある、と言えるでしょう。

しっかりと、運転のコツをつかみ、感覚的な技術を身につけるためにも、学んだことを忘れないようにメモしておくことは、必要だと言えるでしょう。

案外、持っていくものの中で忘れてしまいがちなものですが、メモ帳を持っておくと、様々な時に役に立ちます。